東京エリアにあるシェアハウス選びのコツ

実家を離れて1人暮らしをしたいけれど、家に誰もいないのは寂しいという人や他人との交流を望んでいる人に人気となっているのがシェアハウスです。入居者にはそれぞれプライベートな居室があり、お風呂やトイレ、リビング、キッチンなどのスペースのみ共有するのが一般的です。洗濯機や冷蔵庫などの設備も共有します。主に東京などの都心部を中心にその数は増えており、若い世代の単身者が多く入居しています。入居している人の職種や業種は様々で、色々な人と交流できるといった点が魅力です。最近では、シングルマザー向けのものや中高年をターゲットにしたもの、ユニークなコンセプトがあるものなども登場しています。また、外国人が日本に滞在する際などに利用されることもあります。

東京には様々なタイプの物件があります

東京にあるシェアハウスには、様々な種類があります。例えば、居住空間のデザイン性にこだわった物件やシンプルさが売りの物件、入居者同士の交流が多くイベントなどを開催している物件、ユニークなコンセプトを掲げる物件などです。若い世代の単身者向けのものが多いのですが、ファミリー向けのタイプもあります。子供が遊べる庭が付いている物件などもあるので、シングルマザーやシングルファーザーに喜ばれています。子供を見守る大人が多いことで安心できたり、子供が家族以外の人と触れ合えるといったメリットもあります。ルームシェアと異なるのは、運営している事業者がいることです。共用スペースのなどは運営事業者が管理して清掃などを行う場合もありますし、入居者たちが自分達で行う場合もあります。

実際に下見をして雰囲気を確かめる

東京でシェアハウスを探す際には、実際に下見をして細かいところをチェックしてから入居を決めるのがおすすめです。どういった設備があるのかはもちろん、入居に関してのルールやその物件のコンセプトなどを実際に担当者と話してみると、入居してからの生活がイメージしやすくなります。適切に管理されているかも重要です。実際に訪れて下見をしてみると、リビングの隣の部屋だと話し声が聞こえてうるさいといったようなマイナス面にも気づく場合もあります。それとは逆に、ここで暮らしてみたいと思えるシェアハウスに出会える場合もあります。入居者同士の交流が多くわいわい楽しめる方がいいのか、適度な距離感でたまに交流する方がいいのかなど目的によっても適した物件は異なります。そういった部分も事前にチェックしておくと、入居してから違和感なく生活を楽しむことができます。