東京のシェアハウスの魅力について

首都東京には、地方から人が集まってきます。企業や学校が多く、特に若い方が就職や進学などで集まって来る特徴があります。その為、地方に比べると家賃の賃料が割り高に設定されていることが多く、人気の高い地域になると特に家賃が高いので、都心部から離れて通勤したり、通学したりする方も少なくありません。会社や学校の近くに住むことが出来ればよいのですが、学生さんや、まだ社会人として経験の浅い方は収入が多くありません。そこで、利用を検討したいのがシェアハウスです。同じように地方から出てきた方や若い方を中心に、家の一部を共有スペースとすることで、共同生活を送ることが出来ます。一般の個人世帯向けのアパートを借りるよりも家賃が安く設定されていることが多いのがまず魅力的です。

色々な人と出会うことが出来るシェアハウス

同じ家の中で共同生活をする訳ですから、他の住民と全く交流をしないという訳にはいきません。また、全く他の住民と接触したくない方はシェアハウスには向いていないので、借りない方が良いでしょう。まだ日本において知名度は低いですが、アメリカなど欧米では若い方が一軒の家で共同生活を送るということはとても一般的です。もちろん家賃が安くすむということはありますが、様々な学校や会社に勤めている人と共同生活を送ることで、生活に刺激が生まれ、自分の人間関係も広げることが出来ます。学校で教わらないことを社会人の人から教わることもありますし、逆に社会人の方が学生さんから刺激を受けることもあります。自分の人生の裾野を広げることが出来るので、家賃以外にも人との出会いの為に活用する方も少なくありません。

東京に知人がいない女性にも魅力がある

東京という大都市は、日本全国から色々な人が集まってきます。その為、地方都市ではまだ一般的ではないシェアハウスもチョイスが多く、自分にあったサービスを提供している家を探すことが出来ます。例えば、女性であれば女性専用の家を探すことが出来ますし、立地はもちろん、防犯カメラの設置状況などもしっかりしたセキュリティの高い物件も探すことが出来ます。女性の一人暮らしの場合、何か起こった際にすぐに助けを呼ぶことが難しいこともありますが、共同生活を送っていることで、常に誰か見知った人が家の中にいるという安心感もあります。また、例えば風邪を引いた際などに同居している方に助けてもらったり、逆に助けたりと相互の助け合いも自然に生まれます。地方から出てきて知り合いのいない方には魅力があるでしょう。