失敗しない東京のシェアハウス選び

交通の便の比較的良い東京エリアに住みたいけれど、家賃が高すぎて自分一人ではどうにもできないから、今はやりのシェアハウスを利用したい。田舎から出てきて一人暮らしをしてみたものの、寂しくて仕方がないから皆とわいわい楽しく暮らせるような場所に移り住みたい。そう思い立った時にまず悩むのが、どのようなシェアハウスに住めば失敗しないのかということです。自分に合わない場所に決めてしまうと肩身が狭い思いをしてしまったり、ゆっくりくつろげずにストレスばかりが溜まってしまったりして、最終的には「やっぱり止めておけばよかった」という状況になり兼ねません。自分が活き活きと日々の生活を満喫するためにも健やかな暮らしを実現するためにも、自分が住むべき場所を選ぶ際には、いくつかのポイントに気を付けながら慎重に考えを巡らせる必要があります。

まずは設けられているルールを確認しよう

シェアハウスはその場所ごとに、そこに住む人たちに対して設けられているルールに違いがあります。例えばゴミ出しは誰かいつ担当するのかについてという点や共用スペースの掃除について、各部屋の使い方や使用できる時間帯。キッチンだって、自分の実家や一人暮らしをしていた部屋のように自分の好きなように自由に使えるわけではないかも知れません。大勢の人たちと一緒に暮らすわけですから、そこには当然、揉め事を起こさない為や気持ちよくみんなで生活するための決まりごとが存在します。そういった部分について一つ一つ詳しく調べ上げ、自分自身が肩ひじ張って生活しなくても良い程度のルールが設けられている場所を選択すると良いでしょう。人によっては細部まできちっと決められていた方が過ごしやすいという人も居ますし、逆に自由度が高い方が気楽であると考える人も居るからです。

住んでいる人たちがどういう人かもチェックしよう

東京エリアにはありとあらゆる種類の人たちが集まります。東京都心に近い地域で生まれ育った人も仕事の都合で利用している場合がありますし、地方から出てきた上京組も多く住んでいるでしょう。それ以外にも最近では、外国人留学生を積極的に受け入れているところなどもあり、シェアハウスによって住んでいる人にはさまざまな癖や生活リズムがあります。そこの部分をきちんと見極め、自分がそこに加わっても安心して生活できるか・生活リズムが崩れてしまったりしないかなどを判断することも重要なポイントとなるのです。その為には、一度見学をさせてもらうなどして、実際にそこに住んでいる人たちの様子や表情・人種などを調べてみるのが一番です。実際にそこに住む人たちの雰囲気などに触れれば、自分に合うかどうかが明確に分かります。